Make your own free website on Tripod.com

銀河不動産の超越



銀河不動産の超越

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 1,450 (消費税込)


おかしな建物と、おかしな人々のゆる?い物語
タイトルが漢字ばっかりでかたいお話をイメージしていたけど、
不思議な建物、ちょっとおかしな人々・・・ゆる?い感じが良かったです。
流れに任せて生きている主人公の高橋くんと一緒に、ユラユラ漂うようにこの不思議な世界に浸りました。
人が幸福をつかむために必要なもの・・・間宮さんがいっている幸福論は素敵。
こういう能力って磨こうとして磨くものではなく、自然に身についてくるものなんだろうなぁ。
流れに流されるのも時には大事なのかもしれない。

便利な建物じゃなく高橋君の人柄にひかれて人が彼のまわりに集まってくるのはわかったけど、
最後の最後がちょっとバタバタ気味・・・それが残念(-_-)

いい意味でラクチンな小説
森博嗣の新シリーズ(?)の連作集。ちょっと不思議な不動産屋さんを舞台にしたお話。力の抜けたキャラクター、ストーリーに癒される。こういう小説も読むのラクチンでいい。

人と建物と空間と
他のシリーズから予想するのとは全然違う、心温まるお話でした。

不動産屋に就職した若者が、ひょんなことから不思議な建物に住むことになり
そこへいろんな人がやってきて展開するストーリー。

建築がご専門なだけあって人と建物と空間のかかわりの描写が素晴らしく
文芸誌よりも建築雑誌に連載されたらよかったのにと思ったほどです。
読んでいて楽しくて、特に最終章に登場するものに大感激して
何度も繰り返し読みました。

間宮さんのお宅に招かれた主人公が見せられたもの。
主人公の感動が行間から立ちのぼるようで涙ぐんでしまいました。
森博嗣氏はこんな話も書けるのか、と感動した一冊です。

大人のためのファンタジー。
そんな本です。

ユーモア小説
 とにかく面白い。笑える。

 森博嗣氏の小説は、ミステリィの領域が多く、殺人事件を軸に人物の詳細な思想、思考を描くというスタイルが多いが、この「銀河不動産の超越」には、そんな複雑さは一切ない。
 一人の、今この時代を象徴するような青年が銀河不動産に入り、ある人物と知り合ったことをきっかけに、物語は展開を魅せる。青年にはない独特の個性を持った人達が銀河不動産という場を通じて青年と関わりあい、少しずつその人達の人生が変わり始める。森博嗣氏は読み易い文体と、ユーモアとでその物語に僕を引き込んだ。
 読み進めるにつれ、次はどんな人がこの青年と関わるにつれ、変化を見せていくのかと思わずにはいられなかった。そして、終始、散りばめられた笑いを誘う文章に、思わず笑ってしまった。

 最後には、周りに流されたって良いじゃないか、と青年が言っているような気がした。 

タイトルからの期待を消失させる
銀河不動産を舞台に繰り広げられる短編集は、主人公である高橋がお客さんの間宮さんの購入した家に住むことから人生の転機になってゆく。
主人公の性格、銀河不動産という舞台が繋がらず物語が展開してゆくので面白くない。
奇妙な人たちを描こうとしてるのか、人と人との繋がりを描きたいのか、作品の主旨が出来ていない。
娯楽作品としても、キャラクター設定が出来ていない。




福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出

英会話―ひとり旅これで十分 (ブルーガイド海外旅行)

かわいい壁と窓の飾りかた―かんたん手づくりインテリア

ドイツ語+英語 (わがまま歩き旅行会話)

一問一答形式による日本語教育能力検定 全重要語チェック集

銀河不動産の超越

サーキットダイエット [DVD付]

文明としての教育 (新潮新書)

酵素でやせるローフードダイエット!

犬・猫の気持ちで住まいの工夫―ペットケアアドバイザー・一級建築士と考えよう

最新ブログ 更新情報 ブログ2